学生が「日商簿記検定1級」に合格しました(国際経営科)

2015年9月17日

平成27年6月14日に行われました第140回日本商工会議所主催簿記検定1級(以下日商簿記検定1級)に国際経営科2年在籍の佐藤元気さんが本校の学生として初めて合格いたしました。

また、酒田商工会議所管内において記録が残る昭和35年(第12回)以降に学生が日商簿記検定1級に合格するのは初めてのこととなります。

日商簿記検定1級は、大学卒業程度の高度な専門知識を求められることもあり、合格率は毎回10%前後(第140回の合格率は8.8%)という難関試験です。

佐藤元気さんは学科のカリキュラムに沿った学習と自宅や学校での自学自習により、初受験で見事に難関の日商簿記検定1級に合格いたしました。

日商簿記検定1級の取得者には税理士試験の受験資格が与えられるとともに職業能力開発促進法の指導員資格試験で、事務科の試験科目の一部が免除されます。