山形県立酒田光陵高等学校へ講師派遣を行いました(国際経営科)

2016年8月3日

山形県立酒田光陵高等学校との教育連携協定に基づく講師派遣

平成28年7月26日から28日の3日間、当校と酒田光陵高校との教育連携事業の一環として当校国際経営科教員の佐藤圭治と原田文規が高校へ赴き、日商簿記検定3級・2級の指導を行いました。酒田光陵高校との教育連携は平成25年7月19日に協定されたもので、相互の教育 訓練を通じ、進路に対する意識や学習意欲を高めるとともに、高校教育と短大教育 の活性化を図ることを目的としています。今回の実施で協定が結ばれて以来4回目の派遣指導となります。

3級は債権債務の仕訳・伝票会計・財務諸表分野について学習を行いました。3日間という短い期間ではありましたが、仕訳・伝票会計・財務諸表の解き方の説明からスタートし、最終的には本番を想定した問題を解くレベルまでを体験していただきました。

2級は検定試験レベルの問題の解説をし、解説終了後、同じ問題を独力で演習する形式で銀行勘定調整表の作成、固定資産の減価償却、有価証券、株主資本等変動計算書の作成を行いました。参加してくださった生徒は3名で積極的に取組んでいらっしゃいました。また、計算力や理解度が高く、効率の良い指導を行うことができました。

高校の簿記担当教諭の佐久間先生からは普段の授業と違った雰囲気で取組むことができ、生徒も真剣に取組んでおり、非常に有益であったとお礼の言葉を賜りました。

174175