第54回技能五輪全国大会を見学しました

2016年10月26日

10月22日(土)に制御機械科と電子情報科の学生が技能五輪全国大会を見学しました。技能五輪全国大会は、満23歳以下の若手技能者が技能レベルの日本一を競う大会で、 ものづくり産業の基盤を担う技能者の育成や技能の重要性のアピールを目的として毎年開催されており、今年度は山形県で開催されました。

H28技能五輪1

 

制御機械科の1、2年生は午前に山形ビッグウイングで機械加工や精密機器組立て、午後は山形市総合スポーツセンターでメカトロニクスなど、本校での学習内容に深く関連する競技職種・種目について見学しました。学生は全国大会での選手の動作を見て、これまでの実習で得た感覚とは別次元の作業に驚きながらも、これからの学習の取り組み方を工夫しなければならないことに気づき、大きな刺激を受けているようでした。

H28技能五輪(制御)1 H28技能五輪(制御)4

H28技能五輪(制御)3 H28技能五輪(制御)2

 

電子情報科では、2年生2名が山形県代表として本大会に参加しました。ITネットワークシステム管理職種の髙橋君と、電子機器組立て職種の寒河江君です。この2競技を中心に1、2年生が応援してきました。いずれの会場も空気が張り詰め、緊張感がみなぎっていました。トヨタ自動車やデンソーなどの有名企業のウェアを着た選手、関係者そして応援旗ばかりが目につきました。その中で戦っている2人に電子情報科1、2年生は声こそ出せませんでしたが、熱い応援を行ってきました。2人とも練習の成果を遺憾なく発揮してくれると信じています.また来年度以降も本大会に選手として参加者が出ることを願っています.

ITネットワークシステム管理 電子機器組み立て

電子情報科2年 電子情報科1年