学科紹介

教育目標

本校は、産業構造の変化や技術革新に対応できる”高度の専門技術を有し、創造力に富み、実践力のある産業人”の育成を目標としています。

制御機械科 Department of Computer Controlled Mechanics

course_study_01制御機械科では、講義と実験・実習を通し、機械工学・電気工学・電子工学・情報工学・制御工学の基礎を身につけ、工学的思考能力を養い、創造性豊かなエンジニアの育成を目指します。
2年次には、ものづくりに関連する技術・技能のスペシャリストを目指す機械技術者コースと設計・開発等ができるエンジニアを目指すメカトロ技術者コースを設けており、以下に示す基本技術と基本理論及び総合的な問題解決能力を身につけます。→詳細ページはこちら

(1)機械系技術

・メカニクスの基本的な理論に基づいた機械システムの設計・製作ができる。
・CADの基本的な操作方法を修得し、CAEを用いたシステムの検証及びCAMの利用ができる。

(2)電気・電子系技術

・エレクトロニクスの基本的な理論を修得し、回路の設計ができる。

(3)情報・制御系技術

・制御プログラムの作成と機器への組み込みができる。

 

電子情報科 Department of Electronics, Information and Communication Technology

course_study_02電子情報科では、自ら学び自ら成長し、ICT技術(情報通信技術・組み込み技術)を活用してイノベーションをけん引できる中堅技術者(チームリーダ)を育成します。様々な立場の人たちと協力しながら社会の課題を解決し、新しい価値を創造して、より良い社会や希望に満ちた明るい未来づくりに貢献できるICT技術者を育成します。→詳細ページはこちら

庄内の地域産業のICT技術者育成拠点として、学習目的に応じた2つの教育コースを提供します。

●情報技術者育成実践コース(実践コース)

高校で情報技術の基礎を学んだ人が、「その続きをさらに深く」学べます。地域内でICT技術の高大5年一貫教育を実現し、2年間のコースで、4年制大学工学部に匹敵する本格的な専門技術教育を実現します。また、リーダの資質があり、地元で技術者を目指す人がICT技術の基礎と実践を短期間で集中して学ぶこともできます。

●情報技術者育成基礎コース(基礎コース)

初学者が情報技術の基礎を「ゆっくり確実に」学べます。普通科等工業系以外からの生徒も想定し、モノづくり産業で活躍できる基礎的なICT技術者教育を提供します。

2つのコースの2年間の学習では、3つの応用分野(プログラミング・アプリ開発系、ネットワーク・システム構築系、組込み系)を想定して、Webアプリ、スマホアプリ、Java言語、ネットワーク、情報セキュリティ、システム構築、電子回路、組込みシステム等の技術分野を学びます。

電子情報科の教育は以下のような特徴を持っています。

(1)地域産業の未来を担うICT技術者を「地域ぐるみ」で育成
(2)ICT技術を活用した課題解決の方法の学習
(3)「チームで課題解決」が行える実践能力の開発
(4)基本情報技術者試験の午前試験免除認定講座の開設
(5)e-Learningシステムを導入し自宅でも自学自習が可能
(6)実習科目における習熟度別クラスの設置
(7)進級時に基礎コースから実践コースへの編入が可能

 

国際経営科 Department of International Business Management

course_study_03国際経営科では、総合的なビジネスマネジメント能力を有し、国内外でのビジネスを通して地域経済に貢献できる人材の育成を教育目標とします。産業界のニーズに基づいて2つのコースからそれぞれのスペシャリストを目指します。

(1)簿記会計コース

        企業会計のスペシャリストを育成

(2)ビジネス情報コース

     情報化社会のビジネスに求められるスペシャリストを育成

1年次、2年次の共通科目で「企業会計」「商業」「経営」「情報」の4つの分野を広く学び、2年次のコース別選択科目でさらに専門性を高めていきます。あわせて、客観的な実力証明にもなる関連領域の資格取得を目指します。→詳細ページはこちら

授業の特色としては

習熟度別クラス編成

簿記については、習熟度別にクラス編成を行い、学生個人の能力に合わせた授業を行います。

外国語の選択履修

学生の希望と適性に応じて、英語、中国語、韓国語から選択できます。

校外学習

地域交流実習により、地域が抱える諸問題や地域交流の必要性について学びます。特に、地域事業への参加やフィールドワークを重視します。

資格取得支援講座

「キャリア・ライセンス」では、学生の希望と適性に応じた各種検定試験の合格と実力養成を目指します。

就職支援講座

「現代社会論」では、SPIなどの就職対策の演習、「キャリア開発論」では、面接試験対策の演習などを行い、全員の就職内定を目指します。

卒業研究

各研究室に所属し、調査・分析の成果を論文にまとめ、プレゼンテーション(発表)します。

 

本校の特色

産業技術の高度化に対応するため、高度な設備機器と少人数教育による教育環境を設定しており、実戦力の向上をめざします。

実践教育の充実

各学科とも実践的な技術者として必要な基礎理論の習得に加え、高度な機器を活用した実験・実習を行うとともに、企業の生産現場での実習を取り入れながら、即戦力となる人材を育成します。

個別指導重視

実習科目及び卒業研究では、少人数の班編成など、可能な限り個別指導方式を採用しております。また、PBL(Project Based Learning)学習を取り入れる等、実践的な技術力の習得に力を入れております。

特色あるカリキュラム

・座学と実習を体系的に組み合わせた学習
・習熟度別学習の導入
・資格取得による学習到達度の把握
・IT技術の進展等、最新の技術動向に対応した科目の設定
・ゼミナール学習、卒業研究における学生の自主性の重視と適性の伸長                                                                           ・コミュニケーション能力等の社会人としての必要な基礎能力を育成する等、キャリア教育の充実強化

お問い合わせはこちらから

school_badge_2
山形県立産業技術短期大学校庄内校へのご質問・ご相談は、
お電話・お問い合わせフォームにて承ります。

電話:0234-31-2300
お問い合わせフォームはこちら