国際経営科 卒業研究の紹介

 

 

テーマ 概 要
製造間接費の配賦のあり方に関する一考察 伝統的原価計算における製造間接費の配賦は現代においては実態を表してはおらず、一方で1980年代に、より正確な原価計算方法として提唱された活動基準原価計算(ABC)は日本の企業では導入率が低い。そこで、あるべき配賦の形を考察するため各原価計算方法を比較検討する。
財務分析に基づくドラッグストア各社の特性について 近年ドラッグストア業界は売上・店舗数ともに右肩上がりに成長を続けており、数少ない小売業の勝ち組といえる。本研究ではドラッグストア業界全体の特徴を把握したうえで、上場ドラックストア12社の財務分析を行い、各社の特性について考察を行う。
ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」がもたらす社会現象についての一考察 2015年にPC版でリリースされた「刀剣乱舞-ONLINE-」というゲームが、アニメ化や舞台化、企業とのコラボレーションイベントなど、さまざまな社会現象を呼び起こしている。このゲームが、社会にどのような影響を与えているのか、ゲームに登場する刀のコラボ展示などを基に調査し、考察することを目的とする。
農産物のブランド化戦略
- 地域企業における自己完結型の生産・流通システムの考察 -
わが国には、農産物を自社ブランドとして商品化し、自らが構築した生産・流通システムを通じて全国規模で事業を展開している地域企業が少ない。本研究は、地域企業のブランド戦略という視点から、農産物の企業ブランド化と自己完結型の生産・流通システムの構築可能性について考察を行う。
キャッシュレス社会の現状に関する研究 キャッシュレスと呼ばれる現金を使わない決済が世界各地で普及している。キャッシュレスの先行研究は最近のものが少なく、数年前のキャッシュレス状況か電子マネー、クレジットカードに関するものがほとんどである。本研究では、キャッシュレス社会の現状やキャッシュレスが普及することで今後の生活がどのように変わっていくのか考察していく。

>>国際経営科TOPページはこちら

 

お問い合わせはこちらから

school_badge_2

山形県立産業技術短期大学校庄内校へのご質問・ご相談は、
お電話・お問い合わせフォームにて承ります。

電話:0234-31-2300

お問い合わせフォームはこちら