国際経営科 卒業研究の紹介

テ ー マ 概     要
スループット会計に関する一考察
― 活動基準原価計算との比較に基づいて ―
小松(2019)では伝統的原価計算の代替案として提唱された活動基準原価計算の研究が行われた。しかし、スループット会計という別の視点からのアプローチをした計算方式を知った。双方の長所、短所を分析し最適な適用場面について考察を行う。
地域通貨に関する一考察
― 酒田市での実現可能性について探る ―
法定通貨とは異なる、ある特定のコミュニティでのみ使用可能な地域通貨が地域活性化に繋がった事例が散見される。 本研究では主に日本国内での過去の地域通貨流通事例分析を行い、酒田市での地域通貨導入の実現可能性を人口、商店規模等の観点から探る。
株式会社ライザップの経営戦略 株式会社ライザップは、テレビのビフォーアフターCMで成長した企業である。また、企業買収にも積極的に取り組んでいる。本研究では、いかにしてライザップは成長拡大したのか、同業他社と比較して、ライザップの経営戦略を考察した。
農業協同組合と農業の6次産業化に関する研究 農林漁業者の高齢化や後継者不足、所得の低下等の問題に対し、様々な6次産業化の取組みが行われた。本研究は、これまでの現状と浮き彫りになった課題を踏まえ、農業生産者と農業協同組合の連携による農業の6次産業化を通じた利益創出・活性化について考察する。
平成の大合併により市に編入された旧町村区域の地域振興に関する一考察
―山形県酒田市・旧平田町を事例として―
平成17年に酒田市、平田町、八幡町、松山町が合併し、新酒田市が誕生した。平成の大合併から10数年が経過し、各自治体の合併の成否に関する検証作業や研究が始まったところである。本研究では酒田市の旧平田町区域を事例として旧町区域の地域振興策について考察を行う。
社会情勢が商品先物取引「貴金属類」に与える影響 商品先物取引「貴金属類」の価格は様々な社会情勢により変化している。「金」「銀」「プラチナ」「パラジウム」の4銘柄についてそれぞれの特徴をまとめ、社会情勢が価格変動にどのような影響を与えているのか、要因を考察することを目的とする。
オリジナル庄内弁LINEスタンプ販売までの道 LINEスタンプは現在スマートフォンのみで作成から販売まで行える。クリエイターが参入しやすくなりクリエイターズスタンプ数は300万種類を超えた。そこでどのように販売まで行っているのか興味がわき、題材として庄内弁を使用したデザインのLINEスタンプの作成、販売を行う。

お問い合わせはこちらから

school_badge_2

山形県立産業技術短期大学校庄内校へのご質問・ご相談は、
お電話・お問い合わせフォームにて承ります。

電話:0234-31-2300

お問い合わせフォームはこちら